【安心して取引をしよう!】失敗しないFXの業者の選び方

海外の業者には注意しよう

最近ではサラリーマンの副業としてFXが注目されていますが、国内だけでなく海外の業者もあります。

海外の業者といえばレバレッジが高く口座残高不足になっても追加証拠金を請求されないため、一獲千金を狙えて安心できると思われがちです。
しかし、実際には詐欺も発生しやすく、許認可を受けていないサービスは下調べが必要にになります。

また、トラブルが起きた場合は問い合わせができないと相談が不可能で、日本語に対応していないことも多く注意が必要です。

海外の業者は信託保全が義務化されていないため、倒産すれば預けた資金を返金してもらえないこともあります。このため、詐欺の被害にあわないように会社概要をきちんと確かめ、倒産した場合にも返金してもらえるか確かめて選ぶことが大事です。

キャンペーンなどの誇大広告には注意しよう

海外の業者の多くはボーナスキャンペーンを実施し、新規口座開設や入金の際にもらえます。
しかし、実際に利用すると取引で利益を出しても出金を拒否されることや、そのまま計画倒産をされ返金してもらえなくなる場合もあり注意が必要です。
また、レバレッジが高いと一獲千金を狙えますが、失敗すると大きく損をすることになります。

最近ではバナー広告などで副業の勧誘が多く、海外FXの業者である可能性が高いです。また、誰でも簡単な作業で多くのお金をもらえるなどのうたい文句があれば注意が必要で、入金した金額が戻ってこないこともあります。
FXの業者を選ぶときは簡単に稼げるわけでなく、ある程度の知識がないと厳しいと認識して決めることが大事です。

口コミや評判を確かめて選ぼう

FXの業者を選ぶときは利用者の口コミや評判を確かめると特徴が分かり、最適なサービスを探すきっかけになります。

副業としてFXをするときは一獲千金を狙わず利益を積み重ねるよう計画を立て、出金を拒否されるなどのトラブルが起きないようにすることが大事です。
また、取引をするときは出金すると課税対象所得になり、金額が増えすぎないよう金銭計画を立てる必要があります。FXの業者は近年では大きく変化しやすくなり、最新の動向を確かめて失敗をしないように決めることが大事です。

海外の業者はメリットだけを強調しますが、マイナーな国に本社があることや金融ライセンスを取得していないケースもあります。このため、国内の業者をなるべく選ぶよう心がけ、経験を通して取引のコツをつかめるようにすると効果的です。

SNSでもご購読できます。